40代LGBTが早期リタイアしたいブログ

疲れた40代会社員がぎすぎすした気持ちで早期リタイアを目指します

お気に入りの後輩に一人やきもき

希望退職者が公になる日程が一応決まっているのですが、それを待たずに直接関係のある身近な方々には折に触れてご説明&ご挨拶を始めました。


一番かわいがっていたお気に入りの後輩男子が目を潤ませながら


「ええっ... まじっすか」
「退職しても絶対連絡してくださいね」
「一緒に趣味のスポーツしましょう」


なんて近い距離で言われて、おじさんドキッとしてしまいました。今回はいい歳したおっさんが一人でやきもきしているという回です。このブログ、ゲイ要素が少ないからたまには投下してみようと思います。読者にはまったく非有益ですw

お気に入りの後輩

弊社は採用にあたり、中身はもちろん見た目も重視しているようで世に言う好青年風イケメンを取りそろえているのです。ルックスは正直いってタイプです。


でも結構気にしいで一人で思い悩むタイプで、近くで見ていて心配になるというか母性本能をくすぐられます。俺にできる範囲でせめて手助けになればと、業務上のアドバイスだけでなく精神面のケアを勝手に買って出て行ってきました。

共通のストレス源

このお気に入り後輩のストレス源はといえば、前回「台風なので退職します」の回に登場したモンスター上司です。私と同じくw

hanjukuajitama.hatenablog.com

大多数が嫌な奴と認める有名人なので仕方ない。こんな人でも上層部のヒキがあれば出世するんですから適当な会社ですね。


私がそのお気に入り後輩にできることは、話を聞いてやることと、モンスター上司の上司に直訴することくらいです。直訴というと大げさですが、個人的に昔からお世話になっている方で、何でも言いたいことが言えるありがたい関係でもあります。


「わかってる、わかってる、あちこちからクレームが出て困ってるんだよ。ちょっと待ってて。悪いようにはしないから」


なんて言ってましたが... 結局あてにならなかった。いい人なんだけど腰が重いというか口だけの傾向ありw


私はそれを待たずして会社に見切りをつけてさっさと辞めてしまいました。今回比較的若くして退職を決めたメンツはこの上司絡みばかりなのでわかりやすい。異動があるからすぐ別の部署になる可能性大だけど、うっかり引き続き身近にいる恐れも否定できませんからね。

お気に入りだけに素っ気なくしてしまう


イケるかイケないかでいえば全然イケるんです。イケるんですが、さすがに恋愛感情とか性的なものはありません。俺も若い頃はノンケ男子に恋い焦がれたこともありましたけど、やっぱ不毛なのであえて距離を置くようにしています。ただ、それが逆に冷たい、素っ気ないと見えてしまうようで。以前人から指摘されて気づきました。なかなか難しい。つい意識してしまう。反対にどうでもいい系男子にはノンケノリでボディーコンタクトもできるんだけど。


冒頭の


「絶対連絡してくださいね」
「一緒に趣味のスポーツしましょう」


うーん、すごく魅力的なオファーだけど、俺からは連絡しないつもり。なぜか?うん、やっぱ不自然だよね。向こうも一時の感情だし。きっと後で「ちっ面倒くせ」とか思われそうだし。こっちは未練が残ってしまう。ああ、また冷たく素っ気ない風に見える対応をしてしまいそう(少女漫画か!)


いっそのことカミングアウトする?


「実はゲイでしたー、今後もよろしくね、ゲシシシシ」


「えっ今まで親切にしてくれてたのは下心?」
「俺の体が目当てだったの??」
「どんびき….😰😰😰」


妄想は広がるww (予告通りオチはありません!!)


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ