早期リタイア 金銭面の論点整理 その1 その2

こんなブログを始めて一ヶ月以上。でもまだ退職手続きしていないし、退職したいとも漏らしたこともありませんwww


保守的に推定した退職金額と現在の資産を合計すると約1.5億円(推定ってくらいなので取らぬ狸の皮算用ではありますが)。内訳としては、インデックス投資と見せかけて、ボコボコと個別株が結構な金額で混ざっています。系統だってない、その時々の気分で構築されたポートフォリオです。私の部屋と一緒で、とても人様にはお見せできない散らかりぶりw


様々なモヤモヤとした疑問を解決すべく、投資ブログや早期リタイアブログを改めて巡回し、いくつかの論点について自分なりに考えをまとめてみました。


論点 1
早期リタイアに必要な資産額は?


鉄板ネタですね。結論としては、早期リタイア後の収入と支出次第。特に支出次第、言い換えれば生活レベル次第ということでファイナルアンサーです。


まあそりゃそうですね。また、早期リタイア後も収入ゼロとは限らない、というご意見が目からウロコでした。ドケチ生活まではいかなくても、本当に必要としているわけではない支出は無くす。人生を楽しむために必要な支出は残す。金のかからない趣味があると最高ですねw Moneyforwardを見てみると、今の生活だと家賃含めざっと30〜35万円でした。冠婚葬祭費が馬鹿になりません。親戚友人会社付き合いを絶って隠遁したいww


論点 2
今の資産を取り崩して生活するか?だとしたらどれくらいのペースか?

「お金は墓場まで持っていけないから、リタイア後に蓄えを取り崩していくことを恐れてはいけないよ」派
vs.
「投資資金は利益を生むための種籾だから食べちゃ駄目だよ。資産運用でその年に産んだ利益だけ=コップから溢れた水だけ飲むんだよ」派


まあ後者が実現できれば言うことないわけですがw 俺程度の資産額でそれをやろうとすると、信頼度の低めな微妙な金融商品が多くなってしまいます。例えば近年上場したREITとか、新興国債券ETFとか。種籾を残そうと変なのに手を出した結果、種籾を毀損するようなことになってしまっては元も子もありません。


現時点での結論としては一定年齢時点でのバッファを残しつつ、そこに向けて取り崩していく形でしょうかね。例えば80歳で2000万円残すように取り崩していく、とか(年齢金額は適当です)。


まだまだ続きます。


hanjukuajitama.hatenablog.com

hanjukuajitama.hatenablog.com


にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ