早期リタイアの資産運用 論点整理 まとめの回

いやー、よくわからないけど株式市況好調ですね。
日経平均は20,300円台、NYダウも22,400ドルが間近。
弾けそうで弾けませんw


というわけで、前回までの論点整理をまとめます。


論点 1
「早期リタイアに必要な資産額は?」

タネ銭は勤め先の退職制度と自分の資産を合わせれば、1億円代後半になりそうです。
必要額は支出次第ということですが、支出は今の生活水準並みで月20〜30万円(平均値として25万円を採用)、プラス家賃として考えていきます。
住宅費は現在一人暮らしで、可能であれば彼氏もしくは友達でルームシェアをして住居費を削減したい。
マンション購入も魅力的なのですが、相場が上がっており手が出しづらい状況です。


論点 2
「今の資産を取り崩して生活するか?だとしたらどれくらいのペースか?

「お金は墓場まで持っていけないから、リタイア後に蓄えを取り崩していくことを恐れてはいけないよ」派
vs.
「投資資金は利益を生むための種籾だから食べちゃ駄目だよ。資産運用でその年に産んだ利益だけ=コップから溢れた水だけ飲むんだよ」派


ここは一つ実験的に配当/分配金だけで生活費を賄うよう試してみたいと思います。
新興国債券やハイイールド債、米国優先株、不人気REITといった、信頼性に欠ける高利回り商品を結構な割合組み入れようと思います。
ざっくり試算すると、(まだもらってもいない)早期退職金も含めた資産合計の半分をそれらに当てて、残りを伝統的な国内債券や国内外株式に充てると帳尻が合います。
ギャンブラーっていやギャンブラーなんですが、、、
リーマンショックでも最大で50%程度の下落です。
そこまで下がっていないアセットクラスも多い。
さらに数年後にはショック前の水準まで戻しています。だとしたら数年分を固い資産で持っておけばリスクには耐えられるのかなと。
元本が毀損し取り返しがつかないことになるようなことがあったとしても、最悪また働けばいいですしね。どんな仕事でも。


論点3
米国株は株主利益重視の文化だから最も投資に適しているよ。
vs.
二重課税問題で米国株は税制的に不利だし、日本株の配当控除も考慮すると日本株も捨てたもんじゃないよ


これは同種の金融商品があるなら国内上場のものを優先しようと思います。
米国ETFはいいんだけど、無職だと二重課税分を取り返せそうになくて悔しすぎるw


論点4
米国ETF(Vanguard等)は低コストで最強だよ。
vs.
国内投資信託のコストは下がり、ものによっては投資信託でもETFと変わらないかむしろ有利だったりするよ。米国株/ETFを購入する際の円→ドル展のコストもバカにならないよ。


これも論点3と同様。
国内上場の投資信託/ETFが存在するなら国内ものを優先します。


論点5
「外債をポートフォリオに組み込む意味はあるのか」

「外債、新興国債券は一見リターンが高いように見えて、為替レートで調整されてしまうから理論上は国内債券と一緒だよ」派
vs.
「そうはいっても新興国債券ETFは分配金が年6%もあるし、気絶したつもりでアホールドしていれば悪くはなさそうだよ」派


高利回りに釣られて新興国債券も積極的に導入しようと思います。
っていうか、既に総資産の15%は新興国債券ETFというw
昨年2016年後半に底をつけたあたりから買い出しています。
今多少含み益もありますが、今後の動きは全く読めませんね。


論点6
「配当/分配金はない方がいいのか、積極的に狙っていった方がいいのか」

「配当を出すタイプの金融商品はその都度税金を召し上げられてしまうので、再投資するにしても効率が悪いよ」派
vs.
「配当があるとうれしくて投資へのモチベーションが上がるよ。長期間にわたって継続するには心理面、感情面も大事だよ」派


非効率とは知りつつも、あるとうれしいのが配当金/分配金w
先述の通り、ちょうど生活費に見合う額を配当/分配金となるよう調整します。
これなら税金的にも無駄ありませんし。
効率を考えたら、配当なしのコスト最安ファンドで必要額だけ解約すればいいんでしょうけどね。



にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

早期リタイア 論点整理 その5、その6

前回までの続きです。

hanjukuajitama.hatenablog.com

論点5
「外債をポートフォリオに組み込む意味はあるのか」

外債、新興国債券は一見リターンが高いように見えて、為替レートで調整されてしまうから理論上は国内債券と一緒だよ。
vs.
そうはいっても新興国債券ETFは分配金が年6%もあるし、気絶したつもりでアホールドしていれば悪くはなさそうだよ。


この前者、理屈はわからなくもないし、きっと理論的には正しいのでしょう。
ただ何故か腹落ちしないというか…
正直判断つかないので、もう少し勉強したいと思います。


論点6
「配当/分配金はない方がいいのか、積極的に狙っていった方がいいのか」

配当を出すタイプの金融商品はその都度税金を召し上げられてしまうので、再投資するにしても効率が悪いよ。
vs.
配当があるとうれしくて投資へのモチベーションが上がるよ。長期間にわたって継続するには心理面、感情面も大事だよ。
(配当控除を使えば課税も抑えられるよ)


これは資産形成期なのか、リタイア後の資産取り崩し期なのかによっても違ってきますよね。
私の場合、早期リタイア後に蓄えを取り崩しながら生活することを考えているわけですので、生活費として使う範囲内であれば合理性はあるように思えます。


配当/分配金を出す出さないは結局同じこと。ファンド側が強制的に利確するか自分で利確するかの違いにすぎない。
配当/分配金利回りがゼロだからとか、逆に高いからという理由で選ぶのではなく、トータルリターンと投資対象の信頼度を考慮しないといけないよ。


…というのが結論でしょうか

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

早期リタイア 論点整理 その3、その4

前回の続き、早期リタイアについての考え方についてです。

hanjukuajitama.hatenablog.com


論点3
米国株は株主利益重視の文化だから最も投資に適しているよ。
vs.
二重課税問題で米国株は税制的に不利だし、日本株の配当控除も考慮すると日本株も捨てたもんじゃないよ


論点4
米国ETF(Vanguard等)は低コストで最強だよ。
vs.
国内投資信託のコストは下がり、ものによっては投資信託でもETFと変わらないかむしろ有利だったりするよ。米国株/ETFを購入する際の円→ドル展のコストもバカにならないよ。


3と4に分けたけど、同じような話。
コストが変わらないとしたら、株主重視文化の米国株を取るか?二重課税の心配がない日本株を取るか?という問いになります。

米国株、米国ETFの売却益、配当金分配金の二重課税問題。
今は二重課税分は全額取り戻せているのでいいのですが、リタイア後は深刻な問題ですね、これ。
といって、二重課税問題だから米国株いらね、と切り捨てるには惜しい。
米系企業に勤めていて経営者層は株主の顔色を伺っていると感じることが多く、やはり株主を大事にする(恐れる)文化なんですね。
結論は出ていないのですが、とりあえず当面は現在のポジションを増やしもせず減らしもせずそのまま維持とします。
煮えきらない回答で恐縮です。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

早期リタイア 特に金銭面での論点整理

こんなブログを始めて一ヶ月以上。
でもまだ退職手続きしていないし、退職したいとも漏らしたこともありませんwww

保守的に推定した退職金額と現在の資産を合計すると約1.5億円(推定ってくらいなので取らぬ狸の皮算用ではありますが)。
内訳としては、インデックス投資と見せかけて、ボコボコと個別株が結構な金額で混ざっています。
系統だってない、その時々の気分で構築されたポートフォリオです。
私の部屋と一緒で、とても人様にはお見せできない散らかりぶり。


様々なモヤモヤとした疑問を解決すべく、投資ブログや早期リタイアブログを改めて巡回し、
いくつかの論点について自分なりに考えをまとめてみました。


論点 1
「早期リタイアに必要な資産額は?」

鉄板ネタですね。
結論としては、早期リタイア後の収入と支出次第。
特に支出次第、言い換えれば生活レベル次第ということでファイナルアンサーです。

まあそりゃそうですね。
また、早期リタイア後も収入ゼロとは限らない、というご意見が目からウロコでした。
ドケチ生活まではいかなくても、本当に必要としているわけではない支出は無くす。
人生を楽しむために必要な支出は絶対に残す。
金のかからない趣味があると最高ですねw
Moneyforwardを見てみると、今の生活だと家賃含めざっと30〜35万円でした。
冠婚葬祭費が馬鹿になりません。
隠遁したい。


論点 2
「今の資産を取り崩して生活するか?だとしたらどれくらいのペースか?

「お金は墓場まで持っていけないから、リタイア後に蓄えを取り崩していくことを恐れてはいけないよ」派
vs.
「投資資金は利益を生むための種籾だから食べちゃ駄目だよ。資産運用でその年に産んだ利益だけ=コップから溢れた水だけ飲むんだよ」派

まあ後者が実現できれば言うことないわけですがw
俺程度の資産額でそれをやろうとすると、信頼度の低めな微妙な金融商品が多くなってしまいます。
例えば近年上場したREITとか、新興国債券ETFとか。
種籾を残そうと変なのに手を出した結果、種籾を毀損するようなことになってしまっては元も子もありませんよねwww
現時点での結論としては一定年齢時点でのバッファを残しつつ、そこに向けて取り崩していく形でしょうかね。
例えば80歳で2000万円残すように取り崩していく、とか(年齢金額は適当です)。

まだまだ続きます。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

ドラクエ11ラスボスを倒しました 早期リタイアの違和感

やっとドラクエ11のラスボスを倒しました!
お疲れ様でした、自分。
まだまだ続きのやりこみ要素は用意されているようですが、それはまた、おいおいということで。
プライベート時間のほとんどをドラクエに当てる日々(←子供か)は一旦区切りとします。


えっと、前回まで何を書いたか記憶が定かでないまま近況など。
ドラクエまみれな日々を送りながらも、ぼんやりとセカンドライフへの妄想は育んでいました。

早期リタイア、って言葉への違和感がまず一つ。
もう40代半ば、というよりもまだ40代半ば。
自分が求めているライフスタイルと、早期リタイアという言葉が必ずしも一致しないかなという。

自分が求めている像とは?
現役ながらも、20代、30代のがむしゃらな働き方から一つギアを落として、巡航速度のストレスのない日々を送りたい。
週に何日か働くのは全然ウエルカムだけど、健康で文化的な8時間労働くらいに収めたい。朝一から夜遅くまでってのはもう辛い。
少しは社会の役に立つ仕事がしたい。もちろん現在の仕事も経済活動を通じて社会に貢献しているわけですが、中にいると売上追求、利益追及の側面しかクローズアップされない。本社のある本国の社員と、日本法人との大きな違いらしく、これは由々しき問題かと。

話が逸れましたがこういうの、アーリーリタイアでもなく、セカンドライフでもなく、何と呼べばいいんでしょうね?
横文字ではなく、古くからの日本語に何か当てはまる言葉がありそうな気がしますが。
この問題は引き続き考えていきたいと思います。

そしてそんな理想を満たしてくれるポジション(社内外問わず)はないものでしょうかw

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

キーワードリンクの消し方

はてなブログを初めて使い出して半月。
やっとぼんやり使い方が飲み込めてきました。

過去に幾つかブログサービスを使ったことはありましたが、「はてな」は避けてきたんです。
その理由は特定の単語に勝手にリンクが貼られ、アンダーラインが表示されちゃう例の機能。
今調べたら 「キーワードリンク」 という名称でした。


ただこれ、ちゃんとキーワードリンクを消す方法もあって、「銭」つまり有料会員になれば可能だそうです。
世知辛いですね。
他にもCSSをどうこうするという方法も出てきましたが、よくわからないので手を出しません。
ただ幸いなことに、標準のテンプレを使っている分には、キーワードリンクのアンダーラインは薄くてほとんど気にならない。
これならやっていけそうです!


そもそも、なんで忌避していた「はてなブログ」に手を出したか?
と言いますと、毀誉褒貶ありながらなんだかんだ長年続いているサービスがどんなものなのかという好奇心とでもいいましょうか。
つまり気分です💦


あ、それと過去記事へのリンクがお洒落なのも魅力的ですね。
こういうやつ↓

hanjukuajitama.hatenablog.com

ということで、ユーザーには当たり前でお前今更何言ってんだな話でしたw

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

ドラクエ11に忙しくてそれどころじゃないんですが...

ドラクエ11を始めました。
ドラクエは1〜6までやって、その後ご無沙汰だったんで、実に20年ぶり!
PS4版、グラフィックが凄いですね。
あまりの進化に浦島太郎気味です。街やら村やらを観光しているだけで楽しくて、ストーリー進行が遅れるw
このブログの更新を怠っているのもそんな理由だったりします💦


さて、配当金生活のためのポートフォリオ形成。
マネックス証券の「MONEX VISION β」からお借りしたこちらの図。

f:id:hanjukuajitama:20170806145048p:plain

複数の資産クラスを組み合わせることで、それぞれを単独で持つよりも同じ利回りを、リスク(結果のブレ)を抑えながら実現できる。
言い方を変えれば、同じリスクでも、より高い利回りを期待できます。
図は縦軸が期待利回り、横軸がリスク。
自分のポートフォリオが斜めの曲線上にあれば理想で、それより下方にあれば改善の余地あり、という見方です。

経済系の学部ですと大学で学んだことがある方も多いのではないでしょうか。
この研究で外人さんがノーベル賞を受賞したそうですから、ある程度信じても良いのでしょう。
詳細はマネックス証券の解説をご覧ください。
MONEX VISION βヘルプ - リスク・リターンの比較/マネックス証券


このサイトでは「安定型」「バランス型」「積極型」の3パターンでお試しできます。
早期リタイアですので常識的には「安定型」で組んだほうがいいのか?(国内株式、先進国株式、国内債券、先進国債券が各2割を占める)
はたまた多少のリスクは承知で期待値の高い「積極型」を狙うべきか?(国内株式、先進国株式でおよそ7割)
数字をいじってシミュレーションするとよいオモチャになりますw

f:id:hanjukuajitama:20170806150930p:plain

私の現状は「標準」から「積極的」へ移行しつつある状況で、先の画像通りほぼ到達しています。
リーマンショック以降の日米とも右肩上がりの状況下では恩恵をこうむってきました。
ただこれ、今後の後退局面を考えると、「積極的」のままでいいのかどうか?
特にアーリーリタイア後、金融資産を緩やかに取り崩して生活する局面においてですね。
諸先輩がたのブログを読みつつ、あれこれ思案を巡らしています。


この資産配分の問題とは別に(並行して?)配当金や分配金を多く出すタイプの金融商品と、そうでないものをどう使い分けるかという問題も考えていきたいと思いますが、それはまた次回。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ